うどんの汁

皆さんはうどん屋さんのうどんは好きですか?うどん屋さんのうどんの何が好きですか?人によっては、うどんの麺にコシがあるところだとか、スープがすきという人もいますよね。

そこで、本日はうどんのスープについてご紹介させていただきます。

実はうどんのスープにはベースとして2種類のどちらかを使われます。

一つめは昆布です。

よくコマーシャルでもやっているように、昆布をダシにスープを取るところは一般的です。

もう一つメジャーなスープのベースがあります。

それが魚から取るだしです。

魚といっても、さまざまな種類がいますよね。

かつおで取る人もいれば、別の何かで取る人もいます。

中でも、うどんやの店主で大変凝っている人は、あごのだしを使っています。

あごのだしはあっさりしているうえ、スープのベースにするには香りもよく大変ちょうどいいさかななのです。

かつおのように大きいさかなではなく、九州地方で取れる大変小さな魚ですが、数多く鍋の中に入れ、しっかり煮込むと大変さわやかな香りがしてきます。

あごは九州で取れてからしっかりと天日干しをし、その後袋などにつめられ、だしとして使用しているお店に送られます。

産地直送でないと鮮度が落ちるといい、直送しかしようしないうどんやの店主も多く、うどんの味を100%引き出してくれる大変嬉しいスープベースなのではないでしょうか。

皆さんもしっかりと味わって飲んでみてはいかがでしょうか。

意外とくせになるかもしれませんよ。